ウェディング大辞典 ウェディング用語集

「婚約指輪はお給料3ヶ月分」って誰が決めたのか気になったので、婚約指輪のルーツを辿ってみた

投稿日:2017年2月27日 更新日:

「婚約指輪はお給料の3ヶ月分」というフレーズ、一度は耳にしたことがあるかもしれません。
この給料3か月分とは、だれが決めたことなのか、気になったことはありませんか?
今日は婚約指輪の歴史的観点から一度考えてみたいと思います。

婚約指輪のルーツから迫ってみた

婚約指輪のルーツは古代ローマにあるといわれている

当時は、結婚式以上に、婚約が重要視されており、誓いの印として鉄の輪を贈る習慣がありました。このとき交換されていたのはなんの飾り気もないただの鉄の輪だったと言います。一説にはこの鉄の輪は「妻に忠誠を誓わせる」という意味合いが強かったと言われています。

中世ヨーロッパ時代

宝石付きの指輪を贈るようになったのは中世ヨーロッパからです。当時の指輪にはサファイヤやルビーがよく使われていました。
「高価で経済的な犠牲を払う指輪を夫から妻に送らなくてはいけない」と当時の教皇・ニコラス1世が言っていた記録があります。
いずれにしても「夫が高い犠牲を払うことで、妻に忠誠を誓わせる」という意味合いが、強かったといえ、現代のロマンチックな婚約のイメージとは少し異なっています。

一方、日本では

日本では1960年頃から結納の贈り物として夫から妻へ指輪が贈られるようになったといわれています。
現代のようにダイヤモンドが主流ではなく、誕生石やパールの指輪がほとんどでした。
この婚約指輪といえば思い浮かべるダイヤモンドの立て爪リングです。

「給料3か月分」はテレビCMがきっかけだった!

このような指輪が定番化してきたのは1970年代にダイヤモンドジュエリーの会社が放映したテレビCMがきっかけです。そのCMで使われていたのが「お給料の3ヶ月分」というフレーズです。
この印象的なフレーズがきっかけで、70年代~80年代にかけてダイヤモンドの婚約指輪は急速に普及していきました。日本がバブル時代だった頃のお給料で3ヶ月分ですから、婚約指輪に高価なイメージがあるのもうなずけます。
とはいえ、定番と思われているダイヤモンドの婚約指輪もここ30年ほどの習慣であることがわかります。

そして現代社会ではどうか考えてみた

「給料3か月分」という固定概念は崩れつつあった

金額よりも思い出を大切にしたいカップルには、婚約指輪を手作りできる工房も最近では人気があります。手作りといっても、素材はプラチナやゴールドなど本物の素材です。また、難しい工程は職人さんがやってくれますので、初心者でもクオリティーの高いリングが仕上がります。
結婚後の新生活や新婚旅行に備えて婚約指輪を作らないカップルも増えています。

婚約指輪はなくともプロポーズはしたほうがいいでしょう

「婚約指輪はいらない」という女性も、プロポーズの言葉をしっかり伝えて欲しいという想いを持っています。
彼氏彼女という存在から「家族」になるわけなので、その気持ちを伝えることは重要だといえるでしょう。

時代によって、婚約の意味も婚約指輪の形も変わり続けてきました。
しかし、どの時代でも婚約指輪に求められてきたのは誓いの想いを形にすることです。
現代のプロポーズでは指輪の値段より、プロポーズしたときの決心や未来に対する想いが込められていることが大切ではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています

見なきゃ損!結婚式の節約術(婚約・結婚指輪編)

知りたい!プロポーズのベストなタイミングとは?

ちょっと待った!その結婚、本当に大丈夫ですか?結婚生活の「お金」について考える

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-ウェディング大辞典, ウェディング用語集
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.