ウェディングマニュアル 結婚準備

本当に結婚して良いのかな?お見合い結婚を決断する4つの考え方

投稿日:2017年2月26日 更新日:

恋愛の場合は、勢いで結婚まで一直線となることは多々ありますが、お見合いの場合は決め手に欠けて悩んでしまうことも多いようです。
そこでお見合い相手との結婚に踏み出すために、4つのアドバイスをさせていただきます。

アドバイス①:相手を詳しく知るために時間の長短は関係ありません

「まだ知り合って間もないから、もう少し時間をかけて相手のことを知りたい……」と考えることはごく自然なことです。しかし、何年もの長い恋愛期間があっても、いざ一緒に生活し始めると違う一面が見えてくることも事実です。相手を詳しく知るためには時間の長短は関係ないと考え、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

アドバイス②:相手に何を求めるか整理しましょう

来年結婚!準備のポイントや注意点3

お見合いですから、結婚して一緒に生活し始めることをゴールに、逆算して答えを考えることが自然な流れです。そのため、まず自分が一緒に暮らそうとしている人に何を求めているのかということを整理してみることが必要です。

・経済的安定
・精神的安定
・子宝
など。

その中で優先順位の高いものが相手に当てはまっているかどうか、を考えてみてください。
子どもが絶対欲しい男性と、子どもなしを希望する女性が結婚しても、うまくいく可能性は低いです。
結婚して一緒に暮らす意義を少し冷静になって考えてみて、自分が異性に求めているものを整理し、大幅にずれていない相手であれば結婚も検討してみてはいかがでしょうか。

アドバイス③:もっといい人がいるはず!は負のスパイラルへ

 相手に大きな不満がないにも関わらず「次の人はきっともっといい条件の人に違いない。」と断ることをはじめてしまうと、それは婚活の長期化への第一歩です。人には長所と短所があるため、2者を比べたときに、AがBよりすべてにおいて勝っているということはまずありません。
「今度の人は前の人よりお金を持っているけど、前の人の方が優しかった。次の人はどちらも満たしているかも。」となってしまいますので、この考えだけは止めておいた方がいいでしょう。

アドバイス④:最後は「オンリーワンのポイントがあるかどうか」

結局人との結びつきは、点数や偏差値で決められるものではありません。最後に決めるポイントは「オンリーワンのポイントがあるかどうか」です。
人と人を比べても答えが出ないことは先にも書きましたが、「この人のここは生涯尊敬できる。」「ここの価値観が同じなら大きな食い違いは起きない。」など、相手にしかない価値を考えてみてください。その価値が高ければ、その方は理想でなくとも一緒に暮らしていける相手になるのではないでしょうか。また、その価値がどうしても見つからなければ、それは生涯一緒に暮らしていくのは難しくなっていくのではないでしょうか。
人は魅力があったり、尊敬できる人とでなければずっと一緒には暮らしていけないものです。

もし、お見合い相手との結婚について何となく踏ん切りがつかないと悩んでいる方は一度こういった視点で相手を見てみてはいかがでしょうか。素敵な結婚相手と出会えるよう応援しています!

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.