結婚の知恵袋 結婚準備

結婚準備に必要な資金を知って、計画的に貯金を始めよう!

投稿日:2017年2月25日 更新日:

結婚式や新婚旅行、新居への引っ越しなど、結婚準備には多くのお金が必要です。
ご祝儀で賄うという声もありますが、その後の新生活のことを考えるとある程度貯金もしておきたいもの。
結婚準備のためにはいくら貯金が必要なのでしょうか?

結婚準備、それぞれにかかるお金の金額

まずは、結婚する時にかかる費用をイベントごとに確認しましょう。

結婚式ではゲストの数や会場にもよりますが、ゲスト60人くらいの一般的な挙式で300万円が相場です。
人前式にする・お色直しを減らすなどの工夫次第で費用を抑えることもできますが、それでもある程度ゲストがいる場合は150万円以上はかかるとみておきましょう。

次に新婚旅行ですが、海外旅行の場合は60万円ほどが相場のよう。
旅行は目的地や日本の休暇スケジュールによって、旅費が高い時期と安い時期とで大きく値段が変わります。
そのため時期をずらすなどの対策で少し節約することもできるかもしれません。

最後に新居への引っ越しです。
新郎新婦共に独身時は実家暮らしだったとすれば、新居への引っ越しの際には家具や家電を一通り揃える必要が出てくるでしょう。
そうなると、費用としては100万円ほどかかることもあるようです。

トータルして結婚費用は500万円くらいと考えておきましょう。
結婚準備にかかるお金。貯金はいくら必要?2

貯金額はご祝儀やお祝い金の扱い方で決める

結婚式にかかる費用は、その日ゲストからいただくご祝儀の金額で賄うというカップルもいます。
ゲストが60人参加してくれたとしたら、1人あたり3万円のご祝儀として当日は180万円ほどのご祝儀をいただくことに。
また、親戚などからもお祝い金としてお金をいただくこともあるため、これらを費用に充てるとすれば、貯金額を少なくすることもできます。
結婚準備にかかるお金。貯金はいくら必要?3

早く目標金額を貯めるためにすること

結婚後、妊娠や出産した時にもある程度まとまった費用が必要になります。
新生活のためにご祝儀やお祝い金をとっておきたいというのであれば、結婚資金は自己資金で賄うことに。

もしも結婚する時期が決まっていて貯金がない場合、そこから500万円を貯めるのは時間がかかりますよね。
選択肢としては、500万円を減らす・できるだけ早く貯金を増やすということになります。

費用自体の見直しは随時おこなっていきましょう。
次に目標金額を早く貯めるためにできることですが、できるだけ日々の出費を減らすことがまず大事です。

1人暮らしであれば結婚までは実家にお世話になる・または婚前に同棲を始め、生活費を節約するという方法もあるでしょう。
そのほかにも、新婚旅行の時期をずらす・新居への引っ越し時期をずらすなどの方法も有効かもしれません。

結婚準備にかかるお金は合計すると500万円前後です。
全てを貯金で賄うのが難しいためご祝儀や祝い金などで賄うという人も。
結婚後のライフスタイルと合わせて目標貯金額を決めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.