ウェディング大辞典 結婚の知恵袋

結婚が決まったけど、結婚費用ってどれくらいかかるの?一般的な相場を教えます

投稿日:2017年2月20日 更新日:

結婚準備に必要な資金(費用)の目安とは1結婚準備はそれぞれお金がかかるもの。
節約しようとすれば節約も可能ですが、一般的な費用相場も知っておきたいところです。
それぞれ見ていきましょう。

結納費用の目安は100万円~150万円前後

最近は結納を行わない人も増えているようですが、結納を正式に行う時にはホテルなどの会場を押さえて食事をしながら両家の顔合わせをし、結納金や品物を新郎側から新婦側に納めます。
結納金の金額としては100万円前後のことが多いようです。
食事代や両家の移動費などを合わせると、150万円程度が目安になりそう。

結婚準備に必要な資金(費用)の目安とは2

結婚式の費用目安は300万円

結婚式にかかる費用の目安は300万円前後です。
結婚式ではドレスや会場の花などいろいろなものを準備する必要があるほか、遠方からいらっしゃるゲストのお車代等の負担もあるため、大きく節約することは難しいかもしれません。

ただ、最近は人前式や少人数で行う結婚式などもあり、工夫して費用を浮かせる人も少なくないようです。

新婚旅行にかけるお金は20万円~60万円

新婚旅行も一生に一度のイベント。
普段は忙しくて海外に行けないという人でも、新婚旅行を理由にするなら長い休みが取りやすいため、この機会にある程度費用をかけて海外旅行に行こうと考える人は多いでしょう。
費用の目安としては20万円~60万円ほど。

海外に行くのであれば50万円は見ておいたほうがいいかもしれません。
また、時期によっても価格はかなり変わります。
結婚準備に必要な資金(費用)の目安とは3

新居の準備にかかるお金は100万円程度

新郎新婦ともに実家暮らしの場合は、新居を準備して家具などもゼロから揃える必要があり、そうするとトータルで100万前後はかかってしまうようです。
しかしどちらかが一人暮らしをしていて家電や家具があるならば、とりあえずはそれを使い続けるのもいいですね。

このように結婚に関する費用はどれもかなり高額で、全てを人並みにしようとすると莫大なお金がかかってしまいます。
一生に一度だからということで結婚式や新婚旅行などのイベントにお金を使いたいと思うのか、その後の生活を重視して新居にお金をかけたいのか、譲れないものを決めることが大切かもしれませんね。

こちらの記事も読まれています

「結婚」は結婚した後が肝心!結婚後の賢い資産管理の方法

結婚式の費用をできるだけ大幅に抑える3つの秘訣とは?

結婚式費用分担でご両家トラブルを引き起こさないために気を付けたいポイント

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-ウェディング大辞典, 結婚の知恵袋
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.