ウェディング大辞典 結婚の知恵袋

結婚式をきっかけにお花を贈り合う習慣を!“フラワーコーディネーター”の想い

投稿日:2017年2月10日 更新日:

結婚式で使うお花。ブーケやヘッドパーツなど結婚式の様々な場面で使われています。ドレスや新婦様を引き立てるためにとっても大切なお花。

今回は現役フラワーコーディネーターに「フラワーコーディネーターとしての想い」を聞きました。

“お花のプロ”フラワーコーディネーター

人物紹介
野田 由花(のだ ゆうか)
Art Green フラワーコーディネーター

実家が花屋さん。小さい頃からお花に囲まれて育った。専門学校でお花の技術を学び、卒業から今まで6年間ずっとお花の仕事に従事。現在は営業、仕入れ、制作、配達とマルチに行っている。新郎新婦様の人生の大切な瞬間に携わらせていただいているという思いでやっています。お花の匂いなどを感じていただきながら素敵な一日になるよう、精一杯提案させていただきます。

お花を贈り合う日本になってほしい

結婚式でお花を使ったことをきっかけに、これからも結婚記念日や誕生日などの大切な記念日に、お互いお花をプレゼントするようになってほしいなと思いますね。

私は実家が花屋さんで、生まれたときからお花に囲まれて育ちました。お花があるのが日常で、特別な感じはしていませんが、お客様とお話をすると「お花を買ったことがない」という方が非常に多いです。もっともっと外国みたいに、気軽にお花を贈り合う、そんな日本になってほしいなと思います。

日本のお花って高いんですよね。外国だともっと安いし、お花を買ったり飾ったりするのがとても自然なことなんです。外国の人にとってお花はすごくカジュアルなものですが、日本だと一歩踏み出さないとなかなか手が出せない金額であったり、照れくささがあったりとかして、ちょっと頑張らないと買えない高級品だなとは思いますが、もっとみなさんにとってお花が身近になればいいなと思っています。

お花をプレゼントする時のポイント

花言葉を意識する

相手に伝えたい気持ちに合う花言葉を持ったお花を選び、花束にしてみてはいかがでしょうか。お花によっても花言葉は様々ですが、色や本数によっても花言葉は異なってきます。「自分が相手に何を一番伝えたいか」をキーワードに「このワードに一番あてはまるお花はなんですか?」と花屋さんに相談してみても良いと思います。「信頼」や「情熱」など様々な花言葉があるので是非調べてみてください。

お花に詳しい相手には“バンダ”がおすすめ

もし私がお花をもらうなら、「バンダ」だと嬉しいですね。バンダは高級なお花です。私の周りの同僚も好きなので、花屋さんで働く人や、お花に詳しい人にプレゼントするには良いかもしれませんね。

でもお花だったら何をもらっても嬉しいというのが本音です。
このお花を買うときにどんな表情をして選んだのか、何を思ってこのお花を選んでくれたのかということが嬉しいですよね。
もっと気軽にお花を贈り合う、そんな日本になってほしいですね。

 【取材協力】


Art Green
TEL:03-6823-5874(本社)

こちらの記事も読まれています

フラワーコーディネーターが教える!結婚式のお花選びの3つのポイント

一生に一度の大切な一着を提案する“ドレススタイリスト”の想い

結婚式の「花」にかかる金額をなるべくおさえたい!おさえるべき5つのこと

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-ウェディング大辞典, 結婚の知恵袋
-, , ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.