DIYウェディング ウェディングのカタチ

あの「リリアン」を利用したフォトプロップス「ウールレター」の作り方

投稿日:2017年2月7日 更新日:

皆さん「リリアン」という手芸道具をご存じですか?ピンク色の編み機を使ってレーヨンの糸を編み込んでブレスレットなどを作ることができます。
昭和30年代に女の子の間で手芸遊びとして大流行したアイテムです。
そんなリリアンでこんなに可愛いフォトプロップス作れます。
糸によって雰囲気を変えられるのでテーマに合わせて作ってみては?

目次

作成時間

約1時間半

目安金額

約150円(1本あたりの金額)

材料

リリアン糸

各色1.5mの長さで用意。

リリアンはだいたい1本1mくらいなので、1色で2本(2m)は用意しておくと◎

(今回、色は金と赤を用意しました。)

リリアン編み機&付属のかぎ針

針金:太さ0.5mm長さ40cmを使用

※手芸店や、100円均一のおもちゃ売り場で購入できます。

作り方

(1)リリアン糸を、編み機中央の穴に入れ、下から5cmほど出るようにします。

※リリアン初心者は、リリアンの裾にひも端をセロハンテープなどで留めておくと◎

(2)5つのひっかけ柱のうち1つに糸をひっかける。そして、五芒星を描くように順々に糸を柱にひっかけていく。

(3)五芒星状に糸をひっかけることができたら、柱にひっかけた糸の上側にひもがくるようにして、円を描くようにひもをかける。

(4)柱の下側の糸(五芒星をつくっている糸)を、付属の針でひっかけてすくう。

(5)ひっかけた糸を、柱の内側にくるように引く。柱には1本のみリリアン糸が引っかかっている状態にする。

(6)(3)~(5)をくりかえして編んでいく。

(7)編んでいくと、編み機の筒の部分に編んだリリアンが出てきます。

(8)編み終わったら、余っている糸(青色部分)をつめにひっかけてある糸(赤色部分)の内側に通します。

(9)(8)の糸通しを、5つのツメ全部に行う。

(10)5つのツメ全部に糸を通し終わったら、ツメから糸を外す。

(11)余った糸をぎゅっと絞る。そうすると糸の先が閉じるので、その閉じた根本を玉結びで、緩まないようぎゅっとしばる。

(12)絞った先から針金を入れて、好きな形に整える。


(13)形を整える

ハート・星などの定番モチーフや文字、メガネなどを作っても可愛いかも♡継ぎ目部分にはリボンなどで飾っても◎

実際に使ってみるとこんな感じ!

いかがでしたか?

ウール素材は冬の結婚式などにはぴったりのアイテムです!

また紙で作成するフォトプロップスよりも耐久性がよいので、可愛い小瓶に挿してお家に飾ってもかわいいですね!

ぜひ懐かしのアイテムを使って、ご両親、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に作ってみてはいかがですか?

こちらの記事も読まれています

自然派ウェディングにぴったり!「小枝で作る簡単席札」の作り方

100均のアイテムだけで作る!シンプルで可愛い「ウッドリングピロー」の作り方

結婚式で花嫁が「ブーケを持つ」のは時代遅れ?持たないブーケ「リストレット」の作り方

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-DIYウェディング, ウェディングのカタチ
-, , ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.