ウェディングの今 恋する全ての人たちへ

今まさに出会いを求めている男性へ!「エゴイスティック女子」には注意して

投稿日:2017年2月6日 更新日:

将来を見据えた彼女が欲しい。そんな風に思っているそこのあなた。彼女にしたいと思う女性を選ぶ時、どんな基準で判断していますか? 見た目や雰囲気、表面の人柄だけで彼女を選ぼうとしていませんか? もしそのような判断で彼女を選んでしまったら“エゴイスティック女子”に捕まってしまうかもしれません……。

中には、直感で「この人だ」と感じた女性を選び、幸せを掴んでいる男性もいるでしょう。しかし蓋を開けてみたら、こんな人だと思わなかったと幻滅してしまうことも……。そんな女性を見抜くためにはどうしたらいいのでしょうか。

「男性を選ぶ基準」はあくまでも自分にとって都合いい人かどうか

“エゴイスティック女子”が男性を選ぶ基準。それは、自分にとって都合のいい人かどうかです。例えば、見た目がかっこいい人なら友達に自慢できるし、羨ましがられるでしょう。収入が良ければ良い暮らしができます。

普通の女性なら、代わりに自分磨きを頑張ったり、家事などをしっかり行い支えるなど努力することを考えます。しかし、“エゴイスティック女子”にはそのような思考がありません。自分のわがままだけを受け入れて欲しい。相手の要望は原則受け付けない。これが基本スタンスです。男性としてもこのような女性との付き合いを避けたいと思うでしょう。

 

「エゴイスティック女子」に見受けられる3つの特徴

誰かの悪口や批判が多く基本的に否定的な視点から入る

基本的に否定から入る発言が多く見受けられます。例えば、仕事の話をしている時に不満ばかり口にする人です。自分で行動や考え方を変えてみようという前向きな発言がほとんどありません。同僚の話になれば、「この人」はこういう所があるからと上から目線に否定してしまうこともしばしば……。こういう女性は、自分が責められた時に激怒し、周りを巻き込んで責めた人を攻撃することも少なくありません。

男性の友達が多いとアピールする女性

「女はこわい生き物」だから男性の友達とばかりつるんでいる。私はサバサバしているから男性と話が合う。そんなアピールが多い人も要注意です。実はそんな発言が多い人ほど、自分のことをたててくれない人を毛嫌いし、気に入らない人を徹底的に攻撃する節があります。

もちろん悪口や批判で終わる『女子会』に嫌気が差して、女性の輪に入りたがらなくなる人もいます。しかし、やたら男性と仲が良いアピールをしてくる女性は注意すべきでしょう。あなたの人間関係に影響を及ぼす危険性もあります。

その場で一番見た目がいい人orステータスの高い男性によく絡む

飲み会などを開くとき、その場で一番見た目がいい人やステータスの高い男性によく絡む人は要注意です。さらにボディタッチが多い場合は、危険度MAX! “エゴイスティック女子”は、相手に何かしてあげたいという気持ちではなく、自分が得したりステータスが上がるかどうかで判断することが多いようです。

さらに複数の男性に思わせぶりな態度をとり、保険をかけておく傾向も見受けられます。こんな女性が周りにいたら注意すべきでしょう。

運命の女性はふとした時に出る「内面の美しさ」を見抜いて選ぼう

出会いを求めている時、慎重に見極めようと思う反面、その場の勢いで選んでしまう場合もあるかもしれません。しかし軽い気持ちで付き合っても、終わりを迎える時はたくさんの労力を費やします。何よりも、付き合ったら長く一緒にいたいと思うのではないでしょうか。

今回ご紹介した“エゴイスティック女子”に見受けられる3つの特徴を持っている人に注意し、内面の美しい女性を選ぶことをおすすめします。あなた自身が感じる幸福度がケタ違いに変わりますよ。

こちらの記事も読まれています

彼氏・彼女ができないあなたに!恋人ができやすい時期・タイミング

デートのネタ切れ……そんなときにオススメしたい「ものつくり体験」5選

結婚相手を決める前に考えたい、恋に盲目にならないために必要なプロセス

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-ウェディングの今, 恋する全ての人たちへ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.