ウェディングマニュアル 結婚準備

【結婚式準備マニュアル】いつ何から?必要事項をまとめました

投稿日:2017年1月18日 更新日:

結婚が決まった!でも、何から始めたらいいの?

結婚が決まって、いざ結婚式を挙げようと意気込んでも、「何からしたらいいか分からない」という人、いるのではないでしょうか?結婚式は一生に一度。大事な式で失敗はしたくありませんよね。式を成功させるためにも入念な準備が大切です。

「ゼクシィ結婚トレンド調べ2014」によると、プロポーズから結婚式を挙げるまでの平均期間は11.4カ月。約1年間、結婚式に向けて準備をしていることになります。

どうして結婚式の準備に1年の時間がかかるのでしょうか。それは誰もが結婚式初心者なので、準備の進め方が分からないのです。

そこで、結婚式の準備の仕方を、順を追って説明していきます。

会場選び

結婚式は、会場がなければ始まりません。まずは、結婚式場選びから始めます。

式場と言っても、レストラン、ホテル、チャペル、神社と様々。

まずは、自分たちがどのような結婚式をあげたいか、明確なテーマを話し合って決めましょう。

テーマが決まったら、次に大切なのが優先順位を決めること。あれもこれもやりたいとなれば、予算も膨らみますし、まとまりのない結婚式になってしまいます。

「式場へのアクセス」「予算」「期間」「宗教」「スタイル」など、何を優先するか先に決めることで、会場選びがスムーズに進みますよ。

気に入った会場が見つかったら、次は下見です。気を付けたいのは、その場で契約をしないこと。下見に行き、雰囲気にのまれてそのまま契約してしまうカップルって意外と多いんです。複数箇所の式場を短期間で回り、見積もりを比較することで、納得のいく式場選びができますよ。

ブライダルフェアに参加するのもひとつの手です。実際に式場の雰囲気を味わうことができ、中には料理の試食会が行われているところもあるので、大いに参考になるでしょう。

先輩、経験者の声を聞く

結婚式の準備で一番参考になるのは、やはり実際に結婚式をあげた先輩カップルの生の声です。近くにそういう先輩がいれば、実際に聞けばいいですし、もしいなければインターネットや雑誌でも、情報収集ができます。ブログなどで、結婚の準備から当日の様子まで紹介している方もいるので、参考にするといいかもしれません。

経験者の話を聞くことで、より具体的に結婚式までのイメージが掴みやすくなります。

ウェディングドレス選び

結婚式といえば、主役はやっぱりドレス姿の花嫁です。

後悔しないドレス選びをしたいですよね。挙式の3~5カ月前までには決めておきたいところです。

ドレス選びは花嫁の好みに任せるのが一番ですが、選び方によって予算などが大きく変わってくるため、慎重に選びたいです。

ウェディングドレスは、「提携の業者からレンタルする」「ドレス専門ショップからレンタルする」または「購入する」方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、二人で話し合い、何着か試着をして、運命の一着を見つけてください。

人気のデザインのドレスはすぐに予約で埋まってしまうので、狙っているドレスがあれば早めに予約をしましょう。

招待客へのお知らせ

二人の晴れ舞台を盛大に祝ってもらうためにも、招待客へのお知らせは、しっかりと行いましょう。

・誰を呼ぶか?

まず、誰を結婚式に呼ぶかを話し合います。式場の大きさ、予算などに応じて、呼べる人数が決まってくるので、優先順位を決めて招待するゲストを決定します。決めるのが難しい場合は、ご両親などに相談するといいでしょう。

・電話報告

ゲストが決まったら、招待客に電話で結婚の報告と式への出席を打診します。このとき、遠方からの出席者には宿泊や、交通費の負担割合についてなどの話をすることも忘れないようにしましょう。

・招待状の送付

電話で確認を行ったあと、招待状を送付します。招待状は、式の2カ月前までには発送しましょう。発送までには、招待状の文面作成、印刷発注、発送準備があるので、最低でも式の3カ月前くらいから準備を始めたいですね。大事な招待状はプロに依頼するのが安心です。

・席次表の作成

式の1カ月前までには、出欠確認を完了し、式での席次を決め、席次表を作成します。

期日までに返信がなかった場合、電話などで出欠の確認を行いましょう。

席次は、失礼のないように出席者の上下関係や、交友関係を考慮するなど、細心の心配りを必要とします。こちらも難しければ、両親や、ウェディングプランナーに相談するといいでしょう。

結婚指輪を買う

結婚式では指輪交換があります。一生に一度の結婚指輪は、しっかりと選びたいですよね。指輪にも、既製品、セミオーダー、フルオーダーがあります。

フルオーダーともなれば、値段も張りますし、製作に3カ月以上かかることもあります。結婚式にオーダーした指輪が届かない、なんてことがないように、早めに準備しておきましょう。

細々したことを決める

ある程度決まってきたら、細かなことを決める作業に入っていきます。このあたりから、急激に忙しくなってきますよ。会場の装飾、披露宴でふるまう料理、ブーケの花の種類、引き出物などを決めなければいけないからです。こだわりだしたらキリがなくなってくるので、早めに情報収集を行い、ある程度の目星をつけておくといいかもしれませんね。

プログラムと演出

結婚式の盛り上がりは、プログラムの演出に関わってきます。

賑やかな演出は、新郎新婦だけでなく、出席者にとっても一生の思い出になります。出席者全員に楽しんでもらうためにも、細やかな気配りが要求されます。

演目は友人による余興、感動のスピーチと定番のものから、リングリレーやバルーンリリースなどの凝ったものまで様々です。オリジナリティ溢れる演出を考えましょう。

ビデオ上映などをする場合は、製作に時間がかかるので、早めの準備が必要になってきます。

ブライダルエステできれいに

花嫁は、ウェディングドレスを着て、肩を大きく露出します。肩から産毛が見えてしまっては、恥ずかしいですよね。大事な結婚式は、一番美しい姿でのぞみたいところです。

そのためにも、結婚式前のブライダルエステは必須です。

脱毛サロンに通って脱毛し、エステで肌を引き締める。体重を絞るなら、それなりの期間が必要になってきます。思い立った時から、すぐに取り掛かりましょう。

早めの準備を心がけましょう

結婚式は思っている以上に、準備がたくさんあります。特に1ヶ月前からは、細かい部分で決めることや用意することが多く、当日までバタバタです。色々なトラブルも起きると思います。分からないことはウェディングプランナーの方に相談して、一つ一つクリアしていきましょう。

会場さえ押さえて、決めるべきことを順序良く決めていければ、3ヶ月で挙式&披露宴を開催することも可能です。結婚式は早め早めの準備を心がけましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.