ウェディングのカタチ 授かりウェディング

授かり婚(おめでた婚)で結婚式を行う場合に必要な準備・段取りとは

投稿日:2017年1月17日 更新日:

授かり婚で、結婚式をする場合はどのような準備が必要なのでしょうか。 通常の結婚式と比べて、注意しておきたいことや段取りのポイントについて、ご紹介します。

両家両親への挨拶からスタート

結婚するなら、相手の両親や親族とも仲良くしたいと思う人がほとんどではないでしょうか。 授かり婚の場合、両親世代から見るとあまりいい印象を持たれないこともあると思います。 でも、義理の父母は、生まれてくる赤ちゃんにとっては祖父母。 結婚後の親戚付き合いを考えると、赤ちゃんのことをかわいがって欲しいですよね。 緊張するかもしれませんが、ここは避けて通れない道。 誠意を持って、ご挨拶しましょう。  

結婚式場選びのポイントは「マタニティプラン」の有無

両家への挨拶が済んだら、次はいよいよ結婚式の準備に入ります。 大切なのは、お腹の赤ちゃんとママである新婦の身体を労りながら、準備を進めること。 最近は、結婚式場でもマタニティウエディングプランが設定されているところも多く、妊婦さんの負担を軽減するさまざまな取り組みが行われています。 妊娠発覚から、出産前に結婚式をするということは、通常の結婚式準備よりもどうしても期間が短くなってしまいがち。 その上、身体が思うように言うことを聞いてくれないとなると、不安になるかもしれません。 でも、同じような授かり婚の結婚式を数多くサポートしてきた、マタニティプランのある式場では、新婦の身体を気遣い、会場での打ち合わせを最小限にとどめ、メールや電話で相談にも対応してくれます。 長時間移動や、座りっぱなしの姿勢が厳しい妊婦には、ありがたいですよね.  

挙式は妊娠5ヶ月~8ヶ月くらいがおすすめ

結婚式を挙げるタイミングは、安定期に入る妊娠5ヶ月くらいから、8ヶ月くらいがおすすめです。 安定期までは無理はしたくないですし、9ヶ月ともなるとお腹が目立ってくるのもありますが、お腹が重く、苦しくもなるので妊婦さんの身体にとっても負担が大きくなります。 結婚式という一大イベントを、出来るだけ良いコンディションで迎えられるようによく検討しましょう。 結婚式当日、張り切ってしまう気持ちも分かりますが、身体に負担がかからないように十分に注意しましょう。 プログラムや進行も、時間的に余裕を持たせたものにしておくと、安心です。 二次会も無理に設定せずに、あくまで新婦と赤ちゃんのことを気遣った一日にしたいですね。

こちらの記事も読まれています

授かり婚。看護師が教える本当に気を付けるべき3つのポイント

授かり婚(おめでた婚)におすすめの結婚式プランとは

楽しい“ママ友ライフ”を過ごすためには?先輩ママが3つのポイントを教えます

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-ウェディングのカタチ, 授かりウェディング
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.