ウェディングマニュアル 結婚準備

【婚姻届け提出マニュアル】入籍することが決まったらこれを見よう!

投稿日:2017年1月16日 更新日:

結婚が決まったら、婚姻届を提出する必要があります。婚姻届って聞いたことはあるけどあんまりよく分からない方も多いのではないでしょうか。

今回は、婚姻届についてまとめましたのでご紹介します。

婚姻届の提出の流れ

婚姻届を手にいれる

まずは、婚姻届を手に入れましょう。婚姻届の入手方法は、役所でもらう、雑誌の付録のものを使う、ネットでダウンロードする、の大きく分けて3つあります。婚姻届は市町村ごとに異なると思われがちですが、全国共通です。記入ミスしてしまったなどということも考えて、2~3枚は用意しておきましょう。

戸籍謄本を用意する

婚姻届を提出する際、戸籍謄本も必要になります。戸籍謄本は婚姻届のように入手手段がいくつかあるわけではなく、戸籍がある本籍地の役所でしか取得できません。直接、取りに行くか、本籍地が遠方であれば、誰かに代理で取りに行ってもらうか、郵送で取り寄せることもできます。代理で取りに行ってもらう際には委任状が必要になりますので、ネットからテンプレートをダウンロードして必要事項を記入した後、代理人に送ってください。

必要事項を記入する

婚姻届を手にいれたら、必要事項を記入しましょう。ネットなどに記入例がのっていますので、参考にしながら漏れ・誤りのないように進めましょう。必要事項を記入する前に決めておくべきことが2つあります。1つ目は「本籍地」です。日本国内ならどこでもいいのですが、片方の本籍地か、新居の住所にするのが一般的です。2つ目が「新たな性」です。日本では、夫婦別姓が認められていませんので、どちらかの性に統一しなければなりません。

証人に署名・捺印をもらう

婚約届の記入事項の1つに「証人の署名・捺印」があり、20歳以上の証人が2名必要になります。両親、兄弟、友達など20歳以上であれば誰でも大丈夫ですので、2人で相談して誰に頼むか決めましょう。

役所に提出する

上記をすべて終えた後、役所に婚姻届を提出しにいきます。婚姻届は365日24時間いつでも提出することができます。提出場所は夫、または妻の住所か本籍地の市区町役所です。本人確認がありますので、身分証明書を持参することを忘れないようにしてください。

婚姻届を提出する時期は人それぞれ

婚姻届を提出する時期は人それぞれです。結婚式前、結婚式当日、結婚式後、2人の記念日など提出したい日時を自由に決めることができます。提出したい日時がある人は、記入漏れ・誤りがあると差し戻しになり、その日に提出できない!なんてこともあるので提出前に再確認するようにしましょう。

婚姻届は必ず提出しましょう

プロポーズをして婚約したらおしまいではありません。婚姻届を提出して、正式に結婚が認められたことになります。書類の取り寄せや、記入、提出などやらなければならないことが多いですが、面倒と思わず、必ず提出しましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.