ウェディングのカタチ 授かりウェディング

妊娠中でも結婚式は出来る?準備のポイントや注意点

投稿日:2017年1月10日 更新日:

授かり婚の場合、両親への挨拶、入籍、新居探し、引っ越しなど、しなくてはならないことが山積みです。
その中のひとつとして、結婚式準備も入ってきます。

今回は、妊娠期間中での結婚式について、そのポイントや注意点をご紹介します。

授かり婚でも、多くの人が挙式している

近年、4組に1組は授かり婚という時代であり、授かり婚の場合でも殆どの人が挙式をしています。
結婚式は、女性にとっては人生の大きなイベント。
出来れば、ウェディングドレスや白無垢を着たいという気持ちはありますよね。

授かり婚は、ひと昔前と比べて随分認知され「結婚」と「赤ちゃん」という大きな喜びをみんなで分かち合うスタイルとして一般的になってきました。
最近は、結婚式場にもマタニティウェディングプランなども充実しており、妊娠期間中の新婦に優しいプランも多くあります。

もちろん、無理をする必要はありませんが、ひとつのケジメとして、可能な範囲で挙行を前向きに検討してみましょう。

 

全てにおいて「ゆとり」を持つことが大事

結婚式を挙げることが決まったら、次は準備に入ります。
結婚式準備は、妊娠していない状態であっても決めることがたくさんあったり、当日も着慣れないドレスやお着物で疲れてしまったり、ゲストをおもてなしするのに気を使ったりとなかなかハードなもの。
妊娠中の新婦さんにとっては、その大変さは倍増すると言えます。

そこで、ポイントとなるのは「全てにおいてゆとりを持つ」こと。
準備期間や当日の時程、また会場内を動く時にも通常より動きにくいことが予想されるので、余裕を持ったテーブルセットにするなど、出来る範囲の工夫をしておきましょう。

 

「マタニティウェディングのプロ」から知恵を借りる

初めての妊娠ですから、いくら二人で知恵を絞っても想像が至らない部分も出てくると思います。
そんな時に心強い味方となってくれるのは、数々のマタニティウェディングをプロデュースしてきたブライダルプランナーや、式場の方たち。

結婚式場を選ぶ時には、出来たらマタニティウェディングプランのある所を選ぶようにするといいでしょう。

ベビーが誕生し、大きくなった時に結婚式の写真を眺めながら「この時、お腹の中にあなたがいたのよ」と話をする日が来ると思うと、それだけでパワーが沸いてくるような気がしませんか?
授かり婚だからこその、笑顔が溢れる結婚式を出来たらいいですね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングのカタチ, 授かりウェディング
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.