Reウェディング ウェディングのカタチ

再婚での結婚式。ウェディングドレスは着てもいいの?

投稿日:2017年1月8日 更新日:


古くからの習わしで、再婚の結婚式では真っ白いウエディングドレスの着用は避けるべきと言われているのをご存知ですか?
今回は、ウエディングドレスに込められた意味と、再婚時は本当に避けるべきなのか調べてみます。

純白のウエディングドレスに込められた意味

19世紀、イギリスのヴィクトリア女王が白いウエディングドレスを着て結婚式をしたことが起源とされる、純白のウエディングドレス。
白という色には「清楚」「純粋」「純潔」という意味もあり、花嫁衣装としてはぴったりだとされ、今や定番となりました。

純白のウエディングドレスには「私は汚れなき、清らかな身体です」という新婦の心が表されていました。
ですから、一度家庭を築いた経験がある場合には、適切ではないと判断され、純白のウエディングドレスは避けるべきではないかと考えられていたのです。

もう一度「真っ白」な自分で新しいスタートを

しかし、近年は離婚率、再婚率ともに昔と比べて増加傾向にあり、「再婚」は今では決して特別なことではない時代となりました。
このような時代背景のもと、以前と比べて古くからの習わしに捉われない、自由な挙式スタイルが浸透しつつあります。

そして、再婚でのウエディングドレス着用はNGという意識も薄らいできているのです。
再婚での結婚式。ウェディングドレスは着てもいいの?3

ウエディングドレスはやっぱり「白」がいい!

「白」という色には、もう一つ別な意味があります。
それは「まっさらな状態にリセットする」というもの。
二度目の結婚だからこそ、まっさらな自分に戻って、またゼロから新しい家庭を築いていきたい――そんな決意があるならば、純白のウエディングドレスを着ても何の問題もないのではないでしょうか。

二度目の結婚であることが理由で、周りの目を気にしすぎて、自分の思い描く結婚式ができないなんてことがないように、よく二人で相談してみてください。

「再婚」だからこそ真っ白な、新たな気持ちで新生活をスタートさせたいという気持ちは、大切にしたいもの。
二人の新しい門出である結婚式を、自分たちらしく、幸せと笑顔に満ちたものにできるといいですね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-Reウェディング, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.