ウェディングのカタチ 再婚

再婚の結婚式。真っ白いウェディングドレスの着用は避けるべき?

投稿日:2017年1月8日 更新日:

古くからの習わしで、再婚の結婚式では真っ白いウェディングドレスの着用は避けるべきと言われているのをご存知ですか?
今回は、ウェディングドレスに込められた意味と、再婚時は本当に避けるべきなのか調べてみます。

純白のウェディングドレスに込められた意味

19世紀、イギリスのヴィクトリア女王が白いウェディングドレスを着て結婚式をしたことが起源とされる、純白のウェディングドレス。
白という色には「清楚」「純粋」「純潔」という意味もあり、花嫁衣装としてはぴったりだとされ、今や定番となりました。

純白のウェディングドレスには「私は汚れなき、清らかな身体です」という新婦の心が表されていました。
ですから、一度家庭を築いた経験がある場合には、適切ではないと判断され、純白のウェディングドレスは避けるべきではないかと考えられていたのです。

もう一度「真っ白」な自分で新しいスタートを

しかし、近年は離婚率、再婚率ともに昔と比べて増加傾向にあり、「再婚」は今では決して特別なことではない時代となりました。
このような時代背景のもと、以前と比べて古くからの習わしに捉われない、自由な挙式スタイルが浸透しつつあります。

そして、再婚でのウェディングドレス着用はNGという意識も薄らいできているのです。

再婚での結婚式。ウェディングドレスは着てもいいの?3

ウェディングドレスはやっぱり「白」がいい!

「白」という色には、もう一つ別な意味があります。
それは「まっさらな状態にリセットする」というもの。
二度目の結婚だからこそ、まっさらな自分に戻って、またゼロから新しい家庭を築いていきたい――そんな決意があるならば、純白のウェディングドレスを着ても何の問題もないのではないでしょうか。

二度目の結婚であることが理由で、周りの目を気にしすぎて、自分の思い描く結婚式ができないなんてことがないように、よく二人で相談してみてください。

「再婚」だからこそ真っ白な、新たな気持ちで新生活をスタートさせたいという気持ちは、大切にしたいもの。
二人の新しい門出である結婚式を、自分たちらしく、幸せと笑顔に満ちたものにできるといいですね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングのカタチ, 再婚
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.