ウェディングマニュアル 結婚トレンド 結婚準備

30代以上の大人花嫁が「ドレス」を選ぶ前に知っておきたい4つのこと

投稿日:2016年12月29日 更新日:

結婚式に欠かせないアイテムの一つが、花嫁の衣装。

特にウェディングドレスは、”女性の憧れ”とよく言われますが、最近では、”10代、20代の結婚式にありがちな、ファッションショー的な要素は必要ない”、という希望をよくお伺いします。

そんな希望を持っている花嫁様へ大人婚ドレス選びのポイントを教えます。

ウェディングドレスは「縦ライン」を選ぶ。

まずは、肝心のウェディングドレス選び。

プリンセスラインを代表としたOラインのドレスは、華やかさはありますが、テーブルの間を大人のスマートな立ち居振る舞いで軽やかに歩くには適しません。

”大人感”を演出するには、マーメイドラインやAラインのように、スレンダーなイメージのある縦のラインがおすすめです。

また、デザインが気にいるのはもちろんですが、それだけを優先させず、生地の触り心地や光沢感など、素材感に納得できるものを選びましょう。

見た目だけではなく、素材を大事にできるのも目が肥えた大人婚の新婦様ならではです。

お色直しにも”白ドレス”を選んでもいい!

カラードレスが選べない、ピンクやパステルブルー、イエローなど、普段は洋服で絶対に着ないようなカラーのドレスは着たくない。。。

そんなご相談をよく頂きます。

安心してください、あえてカラードレスをもう一着選ぶ必要はありません。

以前は、白ドレスから、カラードレス、というお色直しが一般的でしたが、最近は、ウェディングドレス(白ドレス)を2着着られる方も少なくありません。

白ドレス(マーメイドライン)から、白ドレス(Aライン)、といったように同じ白いドレスでも、雰囲気の違うものをチョイスしたり、純白のドレスから、アイボリーのドレスへとお色直しするようなスタイルも粋で人気です。

白ドレスを2着選んでも、ドレスの形や生地素材が違うだけで、全く違う表情を演出することができます。

衣装は変えずに、髪型&ヘアパーツを変える。

ドレスを1着だけにし、衣装を変えない、という方も増えています。

髪型をダウンからアップ、または、アップからダウンに変えたり、ヘアアクセサリーを生花からティアラに変化させるだけでも、印象は大きく変わります。

挙式から披露宴までの時間や披露宴中のお色直しの際に、ヘアパーツや髪型に変化を加えるだけで、かなり変化が楽しめますよ。

(一般に、洋装での挙式の場合、ベールをつけることも多いので、ベールがないだけでも、印象は違ってきます。)

衣装を変えずに、ブーケを変える。

また、衣装を変えずに、ブーケを変える、という方法もあります。

例えば、白いAラインドレスに白いキャスケード(流れるようなブーケ)を持つと、清楚な花嫁様、の雰囲気が仕上がります。

それをお色直しの時に、同じ白いAラインのドレスに、真っ赤なクラッチブーケに変えるだけで、モダンで華やかなイメージにガラッと雰囲気が変わります。

花の色が変わったり、持つブーケの形が変わるだけで、同じドレスでも、違う表情を演出できるので、これもオススメです。

 

大人婚ドレス選び、いかがでしたか?

あなたの結婚式にふさわしい、素敵なドレスに巡り会えますように。

The following two tabs change content below.
Risa

Risa

ウェディングプランナー歴10数年。お客様と共に結婚式について相談する時間が大好きです。趣味は、美容・ヨガ・アクセサリー作り・ネットショッピング。特技は、断捨離です。

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚トレンド, 結婚準備

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.