Reウェディング ウェディングのカタチ

再婚で結婚式を行う場合の流れや注意点

投稿日:2016年12月27日 更新日:


「二度目の結婚だけど、結婚式をしたい」というカップルは、近年増加しています。
再婚時の結婚式では、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

「再婚だから」という考えは不要

「二度目の結婚式だから、地味にしないといけない」ということはありません。
二度目だって、結婚は大切な人生の節目。

自分たちの大切な友人、知人、家族たちに祝福して欲しいと思うなら、挙式披露宴を行うのも一つの選択肢だと思います。
ただ、ここで忘れてはいけないのは、ゲストへの心遣いです。

「二度目だけれど、忙しい中自分たちのために時間を作ってくれている」ということに対して、感謝の気持ちを十分に伝え、丁寧におもてなしをするようにしましょう。

「本当に大切な人」だけを招く少人数結婚式

会社の上司や先輩、親戚一同、サークルの先輩後輩など、初婚の時なら招くような友人・知人まで二度目の結婚式に呼ぶ必要はあるのでしょうか。

結婚式は必ずしも盛大なものでなくてはいけない、ということはありません。
二度目の結婚式は、一度目とは違い、今までの二人の事情をよく知っている大切な友人、家族だけを招いて小さな結婚式を開くのが主流のようです。

いろいろあった二人だからこそ、心から祝福してくれる人だけを招くというのも、一つの考え方と言えるでしょう。

ゲストに対する心遣いを大切に

ご祝儀を二度いただくわけにはいかない、という思いがあって、結婚式を挙げる決心がつかない方もいるでしょう。
心苦しく思うならば、ご祝儀は辞退するというのも一つの方法です。

会費制のカジュアルなパーティなどは、お互いに過度な気づかいをする必要がないので、人気のスタイルとなっています。
ご祝儀をいただいた場合は、お返しやお礼状などに心を配り、感謝をきちんと伝えましょう。

初婚も再婚も、愛する人との新たなるスタートであることには変わりありません。
でも、二度目の結婚は、初婚の時よりも自分自身成長しているもの。
さまざまな経験を経たからこそ、優しい心のこもった結婚式にできたら、素敵ではないでしょうか。

マリアル
これ読んだ?

再婚する人が悩む!結婚式のあれこれを解決。

再婚での結婚式。ご祝儀はどうすればいい?もらう?辞退する?

再婚での結婚式!二人らしい素敵な結婚式にするために気を付けること

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「夏の結婚式」特集

1
夏の結婚式♪お洒落なおもてなしアイテムはこれ!

夏の結婚式。まばゆい太陽の光・青い空・緑の木々……。春とは違った色鮮やかな景色の中でとり行われる結婚 ...

2
暑い夏や寒い冬、結婚式をするメリットはある?

暑い時期や寒い時期に結婚式を行うのは、新郎新婦にとっても、ゲストにとっても大変なもの。 でも、さまざ ...

3
サマーウェディング!夏の結婚式には夏にピッタリのウェディングドレスを選びましょう!

海へ、山へとアクティブな季節、夏! せっかく夏に結婚式を挙げるのであれば、海辺の結婚式場を選んだり、 ...

4
結婚式を夏に挙げると魅力がいっぱい!夏のメリットを活かした挙式のコツ

夏は太陽の光が輝き、木々の緑でいっぱい。夏こそ鮮やかな結婚式が挙げられそうだと思う反面、ゲストのこと ...

-Reウェディング, ウェディングのカタチ

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.