Reウェディング ウェディングのカタチ

再婚で結婚式を行う場合の流れや注意点

投稿日:2016年12月27日 更新日:


「二度目の結婚だけど、結婚式をしたい」というカップルは、近年増加しています。
再婚時の結婚式では、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

「再婚だから」という考えは不要

「二度目の結婚式だから、地味にしないといけない」ということはありません。
二度目だって、結婚は大切な人生の節目。

自分たちの大切な友人、知人、家族たちに祝福して欲しいと思うなら、挙式披露宴を行うのも一つの選択肢だと思います。
ただ、ここで忘れてはいけないのは、ゲストへの心遣いです。

「二度目だけれど、忙しい中自分たちのために時間を作ってくれている」ということに対して、感謝の気持ちを十分に伝え、丁寧におもてなしをするようにしましょう。

「本当に大切な人」だけを招く少人数結婚式

会社の上司や先輩、親戚一同、サークルの先輩後輩など、初婚の時なら招くような友人・知人まで二度目の結婚式に呼ぶ必要はあるのでしょうか。

結婚式は必ずしも盛大なものでなくてはいけない、ということはありません。
二度目の結婚式は、一度目とは違い、今までの二人の事情をよく知っている大切な友人、家族だけを招いて小さな結婚式を開くのが主流のようです。

いろいろあった二人だからこそ、心から祝福してくれる人だけを招くというのも、一つの考え方と言えるでしょう。

ゲストに対する心遣いを大切に

ご祝儀を二度いただくわけにはいかない、という思いがあって、結婚式を挙げる決心がつかない方もいるでしょう。
心苦しく思うならば、ご祝儀は辞退するというのも一つの方法です。

会費制のカジュアルなパーティなどは、お互いに過度な気づかいをする必要がないので、人気のスタイルとなっています。
ご祝儀をいただいた場合は、お返しやお礼状などに心を配り、感謝をきちんと伝えましょう。

初婚も再婚も、愛する人との新たなるスタートであることには変わりありません。
でも、二度目の結婚は、初婚の時よりも自分自身成長しているもの。
さまざまな経験を経たからこそ、優しい心のこもった結婚式にできたら、素敵ではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています

再婚する人が悩む!結婚式のあれこれを解決。

再婚での結婚式。ご祝儀はどうすればいい?もらう?辞退する?

再婚での結婚式!二人らしい素敵な結婚式にするために気を付けること

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「プロ」が集結

1
ヘアメイクはリハーサルが肝心!ヘアメイクリハーサルに行く前に知っておくべき4つのポイント

結婚式当日、花嫁をより素敵に演出してくれるのが「ヘアメイク」ですよね。一生に一度の晴れ舞台ですから、 ...

2
300件以上の結婚式を見てきた現役ウェディングプランナーが教える!結婚式で外せない演出とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

3
ドレススタイリストが教える、体の特徴に合わせた「ドレスの選び方」

服を選ぶときに、自分が着たい服があっても、実際に着てみると自分には似合わない……なんてことありません ...

-Reウェディング, ウェディングのカタチ

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.