ウェディングのカタチ 再婚

ウェディングドレスはNG?再婚で結婚式を行う時の最適な服装とは

投稿日:2016年12月27日 更新日:

紆余曲折を経て、出会った二人が愛し合い、新たなるスタートを切る。 その第一歩として「結婚式をしたい」と思うことは、自然な流れだと思います。 では、再婚での結婚式には、どのような服装が適しているのでしょうか。

ウェディングドレス、白無垢は本来NG

二回目の結婚式だからといって、控えめにする必要はありません。 盛大に執り行うカップルも多くいますが、やはり初婚の時とは違って、年齢も重ねている分周りの目が気になる部分も出てくるでしょう。 「できるだけ批判されることなく、祝福して欲しい」そう思うのならば、NGとされていることは避けたほうが無難。 ウェディングドレスや白無垢は、古くからの習わしとしては、初婚の場合のみの着用が一般的となっています。 近年は、再婚でも着用するケースが増えていますが、周りから冷ややかに見られないためには、避けたほうがベターでしょう。

シックな色味のドレスが好評

初婚の時よりも年齢を重ね、大人ならではの雰囲気を身に纏うことができる年齢になっているため、ここは敢えて大人っぽいシックなドレスを選ぶのもおススメです。 抑えた色味のドレスであれば、批判的なことを言われることもないでしょうし、落ち着いたドレスは、大人の美しさを演出してくれます。

子どもたちはドレスか礼服でOK!

子どもがいる場合の再婚では、どのような服装をさせればいいのでしょうか。 小さな女の子や男の子がいる時は、ドレスやタキシードを着用させて、リングボーイやフラワーガールとして活躍してもらうのも一つの方法です。 可愛らしい子どもたちの姿は、場を和ませてくれます。 また、少し年齢の大きな中学生、高校生の子どもがいる場合は、まずは本人に希望を聞いてみましょう。 「ドレスを着てみたい!」と言うかもしれませんし、落ち着いたワンピースやスーツ、または学校の制服がいいということもあるでしょう。 本人の意思も出てくる年頃ですので、きちんと意向を確認することが大切です。 どんなスタイルであっても、愛する人と新たなるスタートを、大切な人たちに見守ってもらうという目的に変わりはありません。 周囲からもあたたかく見守ってもらえる範囲の中で、自分たちも納得のいく形で式を挙げられるよう、よく話し合いましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングのカタチ, 再婚
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.