DIYウェディング ウェディングのカタチ

100均のアイテムだけで作る!シンプルで可愛い「ウッドリングピロー」の作り方

投稿日:2016年12月26日 更新日:

結婚式では必須のアイテムリングピロー。 最近では手作りをする人も多いアイテムですね。 高価な材料を使わなくても、100均にあるアイテムだけでシンプルで可愛いリングピローが作れます! 枠にはふたりのイニシャルや誓いの言葉を書いても◎ 今回は「ウッドリングピロー」の作り方をご紹介します。

作成時間

約1時間半

作成にかかる目安金額

約500円

材料

ウッドケース

(購入先:SERIA)大きさは自由。16cm前後がベスト。

リボン

(同じリボンを2本、30cm程度の長さを用意する)

ビーズ

(3mmサイズを2個。大きさは5mm以下がベスト。今回はパール風ビーズを使用。)

白布

(矢印のウッドケースの内枠+上下左右2cmずつ大きいサイズを2枚用意。今回は綿質感の布を使用。ベルベットなども高級感があって◎)

ポスカ

(白色・極細)

その他

針と糸(白の手芸糸使用)

作り方

(1)箱のサイズに切った白布2枚を重ねて、四方を縫い合わせて裏返す。

(2)中に7割くらいの量の綿を詰める。

パンパンにならないよう注意。

(3)リボン結びを2つつくる。

(4)綿を入れたクッションに、リボンを並べて布で縫い付ける。

布2枚とも合わせるようにして縫う。

(5)ボンドで、クッションとウッドケースをくっつけて乾燥。

(6)ポスカでケースの枠に文字を書いて乾かしたら完成。

英語でオシャレに!リングピローに記載する言葉おすすめ17選

リングピローデコレーション例

木製のリングピローは、100円均一の「紫陽花」「小花」系の造花の花弁をボンドで貼り付けるだけで、もっと華やかな雰囲気に早変わり! 普段、婚約指輪(エンゲージメントリング)をつけない人も、お部屋の雰囲気に合わせたリングピローを作ってリングを飾っておくのも◎

お花を付けるリングピローの作り方

(1)リングピローにボンドをつける

(2)準備した花弁を、リングピローの地色が見えなくなるくらい貼って埋める

※花弁の色は1〜3色程度にすると、仕上がりの色味がまとまって見えるのでより上手に作れます♪ 式の大切な儀式・指輪交換を彩るウェディングアイテム・リングピロー。 ぜひ自分たちのウェディングテーマにぴったりのモチーフと言葉を選んで、お二人のリングピローを作って見てはいかがでしょうか?

マリアル
これ読んだ?

自分たちらしい結婚式にするためには、何を手作りしたらいいの?

結婚式を手作りで可愛らしく!楽しく節約できる方法、アイテムとは?

結婚指輪は「買う」ではなく「作る」時代?手作りマリッジリングの魅力に迫る

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「夏の結婚式」特集

1
夏の結婚式♪お洒落なおもてなしアイテムはこれ!

夏の結婚式。まばゆい太陽の光・青い空・緑の木々……。春とは違った色鮮やかな景色の中でとり行われる結婚 ...

2
暑い夏や寒い冬、結婚式をするメリットはある?

暑い時期や寒い時期に結婚式を行うのは、新郎新婦にとっても、ゲストにとっても大変なもの。 でも、さまざ ...

3
サマーウェディング!夏の結婚式には夏にピッタリのウェディングドレスを選びましょう!

海へ、山へとアクティブな季節、夏! せっかく夏に結婚式を挙げるのであれば、海辺の結婚式場を選んだり、 ...

4
結婚式を夏に挙げると魅力がいっぱい!夏のメリットを活かした挙式のコツ

夏は太陽の光が輝き、木々の緑でいっぱい。夏こそ鮮やかな結婚式が挙げられそうだと思う反面、ゲストのこと ...

-DIYウェディング, ウェディングのカタチ

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.